仕事の待遇とは?

グループホームという形態の介護福祉施設が近年増えています。グループホームとは認知症の高齢者が複数集まり同じ建物の中で共同生活を営むタイプの施設です。介護職員が何から何まですべてのサポートをするのではなく、料理や洗濯等入居者に出来ることは入居者に任せるのが他の施設とは違います。
高齢化が進み、従来型の老人ホームだけでは介護を受けられない人が増えていくと言われる中でグループホームの役割は重要です。

これから需要が高まっていくだろうとされているグループホームですが、そこで働く時の年収や待遇はどういったものなのでしょうか。
まず、待遇面ですが、入居者の生活をサポートするという仕事のため老人ホームなどと同じく夜勤の対応があります。また、雇用形態についてはグループホームを運営する企業にもよりますが正規職員しか配置していないところもあれば派遣社員やパートタイム労働者を雇用している場合もあるなど様々です。
次に給料面ですが正社員の場合、月給16~24万円が相場で、新卒採用では18~23万円と他よりもやや高めの傾向にあります。介護福祉士やホームヘルパーなどの介護資格を取得した場合資格手当が上乗せされる場合が多いです。また、さらに待遇アップを求める場合はケアマネージャーや看護師、理学療法士などの難関資格を取得することが求められます。
ただし、現在多くの企業がグループホーム事業に参入していることもあり、人手不足が発生する可能性が高いので将来的にはさらなる待遇アップも期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です